小学校の教員になる


山東省の北西部に、陽信県という場所がある。中国では「県」は「市」の下、日本で言うなら「町」くらいの行政レベルだ。もちろん中国はまだ発展途上国なので、経済的に見れば日本の「町」ほど豊かではなく、そこの県民の「年収」は日本円で平均約5万円、という中級程度の貧困県だ。その陽信県の更に田舎に、河流鎮という所があり、僕は先日その鎮のとある小学校の教員になった。これは今やっている仕事とは関係の無い事で、まったく個人的な成り行きでこうなってしまった。

とは言っても、僕もずっとそこに居続けるのは無理なので、教えに行くのは年に1度か2度。今の仕事を辞めるとか、そんな話じゃない。担当科目は音楽で、日本の童謡や流行歌を田舎の子供たちに教える。故郷の福岡や神戸、大阪、北海道の話なんかもたくさんしてあげたい。第1回目の授業は、児童節に合わせて、6月1日にやることになった。まずは2010年くらいまで、続けてみたい。もし何十年も続いたら、大きな財産になるかなぁ…?

「小学校の教員になる」への3件のフィードバック

  1. すげぇな・・・

    君の活動範囲の広さには本当びっくりするよ。大きな財産になると思うな。

  2. さすがだな、流石に驚いたわ…

    今度は、ふらりと北京に行っても居なそうだな(笑)

  3. jingtian&zhonggu

    いやいや、狭い狭い。まだアジア出た事無いしね。そのうち楽器かついでヨーロッパに行きたいね。jingtianにはロンドンで会えるかなぁ?
    ふらり北京は、いつでも大歓迎。まだまだこちらに居るよ。

コメントは停止中です。