負けない

音大生活開始後、早一週間が過ぎた。

木曜に参加した初授業は、一般に言う「授業」というものではなく、プロとして活動するオーケストラ、「華夏民族楽団」の合同練習だった。自分も、指揮者も、前もって何も知らされていないため、どうしたら良いのか分からず、とりあえず教室横で見学させてもらうことになった。授業開始、先日自分も観に行った中山音楽堂でのコンサートの反省会から始まる。話の内容は作曲家叩きに終始し、しまいには「コンサートの失敗は私たちの責任ではない」との結論に至る。そして練習開始。僕は、楽団というものは合同練習の前に皆パート練習をしてくるものが当然と思うのだが、ここでは違うようだ。聞けば、毎回どの曲を合わせるのかは、授業出席者がそろってみないと分からないとのこと。・・・やはり、団体活動をするにあたっては、日中両国の感覚の溝は大きい。しかし、それでは合同練習に臨む前に下準備のしようがない。自分の演奏レベルと日本人的感覚では、このクラスについて行くのは困難なように思われた。

金曜日は、アンサンブルの授業に参加する予定だった。朝8時開始なので、早起きし、通知されていた教室へ向かった所、誰もいない。教室が変更されている。予測していた事態なので、慌てずに聞き込みを行い、学校の隅にある「臨時レッスン教室」で授業が行われているとの情報を得た。しかし、そこへ行っても誰もいない。立ち尽くしていると、建物の向こうの運動場から騒がしい音楽とアナウンスが流れてくる。「中国音楽学院2008年オリンピック運動会の開会を宣言します」。運動会が、行われている。これは予測可能な線を越えていた。このまま家へ戻るのももったいないので、練習室を借り切り、二胡の練習に打ち込んだ。

散々な一週間だったが、負けない。来週、再チャレンジだ。二胡の担当先生も、本来であれば週中に決まる予定であったが、未だ決まらず。

留学期間中は、練習室が使い放題。ピアノもあり、個室で、誘惑するものもないので、非常に集中できて良い。今日もこれから行ってこよう。

「負けない」への5件のフィードバック

  1. その対応は留学生を軽視しているよね。
    俺まで腹がたってきた。

    でも大丈夫。
    孤独スタートは慣れっこでしょ?
    最後には感動フィナーレを飾る男だもんね!
    応援してますよ。

    自分ごとですが、外資系保険会社に派遣されました。半年契約です。働きやすいです。

  2. なんか、楽しそうなことやってるじゃん。

    ハプニングなんかもわくわくするね。

    daisuke君
    仕事決まってよかったね。働きやすいって
    何よりさ。

  3. dausuke:
    留学生の宿命だね、これは(笑。慣れっこだけど、事がうまく進まないのは辛いなぁ。頑張るぜよ。ところで仕事決定、おめでとう!そこから広がって行くといいね。

    やさん:
    お久しぶりです!楽しそうでしょ?やさんも如何ですか、再度大陸へ(笑)。でもハプニングはあんまりわくわくじゃないですよ。またかよ、って感じです。

  4. でもうちら、こういうの慣れっこだよね。アウェーでは思い通り行かないのが前提だから、ぼくもこの4年でよほどのことでも怒らないようになったな。

    とにかく楽しそうで何より。

    おれも、何度負けても戦うことはやめない。

  5. ユウキ:
    おいっす我が戦友。まぁ慣れっこさ。でも慣れすぎても、日本社会への復帰に少々リハビリ期間が必要になるけど・・。引き続きがんばっていこーぜ。

コメントは停止中です。