改革開放30年記念コンサート終了

予告もなにもしてませんでしたが、今月26日と27日、中国改革開放30年記念コンサート、オペラ『小ニ黒結婚』にオーケストラメンバーとして出演してきました。華夏民族楽器オケに入れてもらって以来初めての本番!オペラの伴奏というのも初体験でした。歌って踊って喋っての役者に合わせるのはホント難しいですね。

こちらの写真は終了後、オケだけで。真ん中の私服の女先生はあの宋飛先生。練習からちょくちょく見てくれました。そして右側のおばちゃんがこのオケの指揮者、黄暁飛先生。真ん中の男の先生は、誰だろう。しらない人です。オケのメンバーはみんな中国のエリート音大生。何とも恵まれた環境です。マレーシア華僑の留学生が一人いるのですが、僕はその彼とだいたい仲良くしてます。

そしてこちらが二胡パートのメンバー。3列目がそのマレーシア華僑の謝くんと僕の席です。難度の高い所ではみんなに迷惑をかけました。音外してごめんなさい。また次のステージでも仲間に入れてくれると良いけど・・・。頑張ります。

日本人は僕だけだし、楽団に限らず中国人の集団にはなかなか馴染めないのですが、指揮の黄先生がユエンティエン、ユエンティエン(僕の名字)と大変気にかけて下さって、助かりました。多謝老師!

二胡ブログad*:部活ストラップ 二胡version5人集まれば送料無料です!

民族音楽・民族楽器ブログランキング

紅樹林文化芸術教室 二胡コンサート

事後報告になってしまいましたが、先月29日、女子十二楽坊の初期メンバー・霍暁君先生による二胡発表会に参加してきました。1曲は前回の「二胡縁」でも弾いた『葡萄熟了』、そしてもう1曲、『チャルダッシュ』を妻のピアノ伴奏で弾いてきました。

このコンサートは、現在霍暁君先生について二胡を習っている生徒さんたちの発表会。僕も以前その先生についていた関係で、参加させて頂いたわけです。

実は、今年の3月、北京で結婚披露宴を挙げたとき、その霍暁君先生に二胡で『チャルダッシュ』を弾いてもらった経緯があります。だから自分の中では、今回夫婦で演奏した『チャルダッシュ』は、霍暁君先生への密かな恩返しの印でもあったわけです。先生、次回はもっと良い演奏をできるよう努力しますので、今後ともどうぞよろしくデス。謝謝。

二胡縁コンサート無事終了

先月22日の話になるのですが、日本二胡振興会の初北京コンサート「二胡縁in北京」、日中友好ムードのなか、無事に終了しました。

会場は800人ホールで2階席までぎっしり。何と立ち見のお客様もおられました。

1部では日本人ソリスト7名が参加。11歳の真央チャンの演奏には驚きました。もし二胡をこのまま続けて、中国にも留学に来るようなことになったら、きっと近い将来、日本一の日本人二胡奏者になるんじゃないかと、楽しみになりました。また、その他の日本二胡界の第一線で活躍されている演奏家の方々とソロで共演できて、一学生としては何ものにも代え難い、貴重な体験をさせてもらえたと感じています。

あぁ緊張した。でも、大きな拍手をもらえたときは、「やっててよかったなぁ」とも思えました。これを職業にするのかはまだワカリマセンが、音楽を楽しみながら、これからもしっかり続けて行きたいです。

2部では、中国の二胡界でいま最も勢いのある3人が、それぞれの得意な曲を披露してくれました。その音楽、演奏は、まさに世界最高レベル!常にこうした音楽と触れ合える今の環境は、本当に有り難い、貴重この上ないと実感します。

その3人とは、孙凰、王颖、王啸。中でもCCTV少年の部優勝の王啸は、まだ幼いながら、一発で観客を引きつけるような魅力に溢れた女の子で、すっかりファンになりました。演奏会後のレセプションでは色々とお話することができて楽しかった!中国語やっててよかったなぁと、ひさしぶりに思いました。

大きなステージが終わり、正直ほっとしています。でもまだまだ、上を目指して足掻かないといけません。負けるな自分。

=ad:ミリタリーファッション=
フランス軍F2ジャケットデッドストック MM−10041