月牙泉

甘粛省・敦煌の名所、鳴沙山にある月牙泉を思い出しながらのオリジナル作品です。

敦煌を訪れたのは2006年の夏のこと。当時日本大使館でODA関連の仕事をしていた頃、調査で甘粛に出張に行く機会に恵まれました。甘粛にはその翌年も訪れ、その時は蘭州から南へ、夏河や迭部の村へ。甘粛の雄大で神秘的な景色は、いまでも大切な宝物です。

さて、月牙泉。これは敦煌・鳴沙山と呼ばれる砂漠にある、古来から枯れない泉とされる小さなオアシス。当時の夏のある夜に、ひとり泉を訪れて星を眺めたときのことを思い出しながら曲を書きました。2015年に『北京サンバ』を作って以来のオリジナルです。楽譜と伴奏音源はこちらでダウンロードいただけます。

甘粛にて黄河を渡る。保安族の居住洞。
黄河上より。切り立つ岩山。いにしえの石窟が潜む。
月牙泉の昼。夜とは異なる趣。
夕刻に砂漠を歩く。風で消え行くラクダたちの足跡。