「演奏情報」カテゴリーアーカイブ

大阪で『紅楼夢』、『賽馬』など

少し前の2月10日、学生時代の恩師の退官記念パーティへ参加のため、大阪へ向かいました。全部で100名前後の、そして手作り感あふれる非常に、非常に感動的な会となりました。

式ではやはり出し物として二胡を演奏することに。今回は、私の出身校の先輩で、神戸で二胡教室をやっておられる鳴尾さんとご一緒させていただきました。鳴尾さんの艶やかな音色と一緒に二胡が弾けて嬉しかったです。ほかにも二胡演奏家の西村さん(こちらも先輩)も二胡を演奏。最後は3人で賽馬を弾きましたが、大して二胡に関係ない学科からよくもまぁ3人も講師やら演奏家やらが出たものだなぁと喜びに浸っております。ちゃんと勉強してましたかー。

先輩方、今回は本当にありがとうございました。また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
—–
にほんブログ村 音楽ブログ 二胡へ弦之歌二胡研究会 – 横浜、海老名

ひょうたんランプ展ライブ奏後感

yokomokoさんのお名前でご活躍中のひょうたんランプアーティスト・横山さんの初個展が本厚木のカフェなよたけで行われ、二胡を弾いてきました。この目でひょうたんランプを見るのは初めてのこと。会場にはいくつものランプが展示され、じっくり鑑賞した、というよりは、ひょうたんから溢れてくる露光を感じて楽しんできました。

会場にはギターの弾き語りバンド・SEVENTH ROSEの稲川さん、金澤さんもお祝い演奏にいらしていました。二胡演奏が終わってお水で一服している時に歌って頂いたのですが、心のこもった音楽を披露してもらえて感激でした。自分の音楽はまだまだ只の演奏であり、気持ちをもっと入れないと芸術にはなかなか。そういう大切なことを教えてもらえた気がします。稲川さん、金澤さん、有難うございました。そしてこのご縁を作っていただいた横山さんと、カフェなよたけさんにも心から感謝です。

素晴らしく幻想的なひょうたんランプは、きっとこれからもたくさんの展示の機会を得るのだと思います。すてきな作品群の中で演奏させてもらえるなんて、本当に貴重な経験をさせていただきました。

yokomokoさんは実は私の二胡教室に生徒さんとして参加していただいています。縁がつながっていくと、こんなに良い時間が過ごせるのだなぁとしみじみ感謝の念が湧いてきます。うちの教室もささやかながら人と人とのつながりを生み出せるような場であり続けたいと思います。

演奏は、弦之歌会員のSさんによる少年時代から始まり、yokomokoさんも入ってエーデルワイスと、見上げてごらん夜の星や女人花、燕になりたい、を演奏しました。精進しなければいけないですね。芸術の道のりは果てしなく続きます。なよたけさん、近いうちにまた是非弾きに行かせてください。

—– 弦之歌二胡研究会 – 横浜、海老名

改革開放30年記念コンサート終了

予告もなにもしてませんでしたが、今月26日と27日、中国改革開放30年記念コンサート、オペラ『小ニ黒結婚』にオーケストラメンバーとして出演してきました。華夏民族楽器オケに入れてもらって以来初めての本番!オペラの伴奏というのも初体験でした。歌って踊って喋っての役者に合わせるのはホント難しいですね。

こちらの写真は終了後、オケだけで。真ん中の私服の女先生はあの宋飛先生。練習からちょくちょく見てくれました。そして右側のおばちゃんがこのオケの指揮者、黄暁飛先生。真ん中の男の先生は、誰だろう。しらない人です。オケのメンバーはみんな中国のエリート音大生。何とも恵まれた環境です。マレーシア華僑の留学生が一人いるのですが、僕はその彼とだいたい仲良くしてます。

そしてこちらが二胡パートのメンバー。3列目がそのマレーシア華僑の謝くんと僕の席です。難度の高い所ではみんなに迷惑をかけました。音外してごめんなさい。また次のステージでも仲間に入れてくれると良いけど・・・。頑張ります。

日本人は僕だけだし、楽団に限らず中国人の集団にはなかなか馴染めないのですが、指揮の黄先生がユエンティエン、ユエンティエン(僕の名字)と大変気にかけて下さって、助かりました。多謝老師!

二胡ブログad*:部活ストラップ 二胡version5人集まれば送料無料です!

民族音楽・民族楽器ブログランキング