「受講生の声」カテゴリーアーカイブ

受講者さまの声 Dec. 2012

初級班・胡学会、上級班・唐楽里 ~2012年12月掲載

胡学会(初級)と唐楽里(中上級)の両クラスに藤沢よりご参加いただいているY・Sさんより寄稿をいただきましたのでほぼ原文のまま掲載いたします。頂いたご要望をもとに更に良い教室作りに努めたいと思います。有難うございました!

◆夫の仕事で5年間中国に駐在している間に二胡を習い始め、帰国後、唐楽里と胡学会に出逢いました。

◆中国では中国語で教わっていたため、細かい部分がよくわからなかったり、次々と違う曲をやっていったので、練習していてもなかなか人前で弾ける程のレベルに到達できないのが悩みでした。

◆クラスの特徴は、どのクラスでも基礎レッスンを重視していることです。メトロノームを使い、拍数やスピードに気をつけること、二胡で一番難しい音程をしっかり取ること、音の良し悪しを左右するボーイングなどは毎回曲のレッスンの前に練習します。また、どの練習にどの練習曲をどんな風に意識して練習したらいいかなどのアドバイスも的確で、毎回のレッスンの度に新しい何かを持って帰ることができ、楽しみです。原田先生に出会って、基礎練習がいかに大事かを知ることができ、今では、家での練習の80%は基礎練習に当てていますが、不思議なことに曲を弾かなくても以前よりずっと上手に弾ける様になり、最近では積極的に人前で演奏するようになりました。

◆これは私の個人的な意見ですが、原田先生のアドバイスがわかりやすいのは、先生ご自身も大人になってから二胡を習い始められたからではないかと思っています。中国での先生は子供の時から二胡を演奏されていたので、「自分の感覚で掴むしかない」と言葉で説明していただけないことがありました。大人になってから自分の感覚で掴むほど練習するのはなかなか難しく、的確な言葉でアドバイスをもらえるのは、少ない時間で上達する一番の贈り物だと思っています。

◆一つ難点があるとすれば、胡学会では基礎練習がほとんどで曲を弾く時間が少ないということでしょうか。上手になる近道は基礎練習ですが、練習のモチベーションを上げるのは、曲を弾く楽しみです。そのどちらもバランス良くできたら、より楽しいレッスンになるように思います。

受講者さまの声 Mar. 2012

上級班 ~2012年3月掲載

第3期も、横浜、東京などから集う第1、2期メンバーそのままの顔ぶれで最後までお付き合い下さいました。受講メンバー様からは、「基礎合奏をここまでやるところはない」「中国の生の話が聞ける」といったお言葉もいただきました。ありがとうございます。第4期は横浜から海老名へ会場が移り、残念ながら今期までとなられる方もおられます。本当にありがとうございました!

【A・Tさん(中国・杭州で二胡学習経験あり)】

◆感想:今回も充実した講座をありがとうございました。「宵待草」は無理の無い難易度で、細かいところまで指導を受けられたのが良かったです。パートに分かれて合奏できたのも楽しかったです。唐楽里から離れるのは寂しいですが、ここは私が日本で二胡を再開するきっかけになった大切な会です。

【T・Tさん】

◆毎回個人的にワンポイントアドバイスをいただけるのがとても良かったです。合奏も毎回楽しみでした。

受講者さまの声 Oct. 2011

上級班 ~2011年10月掲載

嬉しいことに、第1期メンバーの顔ぶれそのままに継続して開催することができました。これほど好学の士にめぐまれた二胡のグループはどこの教室にもなかなか無いと、常々感謝しています。どうぞ今後末永くよろしくお願い致します!

【S・Tさん(過去台湾で3年二胡学習歴あり)】

◆感想:第1期はほとんどついていけませんでしたが、第2期は少しついていけるようになったと思います。消化不良で多くの曲を練習するよりも、一曲をじっくりと練習する方法が良く、このまま続けてほしいです。合同練習のまえに、個々に指導してくれたのが非常に良かったと思います。

【Y・Hさん(台湾、日本で約5年の学習歴有)】

◆感想:国内のメディアで取り上げる機会の少ない中国の二胡名典を紹介していただき感謝しています。今後もわれわれに未知の美しい曲を伝えてください。

【H・Aさん(ヴィオラ、二胡学習歴有)】

◆感想:二胡歴の浅い私でも原田先生のご指導のもと地道に練習していけば難曲でも自分なりに弾きこなせることに喜びを感じています。これからも中国の名曲にチャレンジしていきたいと思います。

【Y・Aさん(二胡学習3~4年)】

◆感想:大分皆さんと一緒にうちとけて練習することができるようになり、楽しい時間です。レッスン後の自主練習ももっと一緒にできると良いですね。

【N・Yさん(二胡学習歴4年)】

◆感想:《喜送公糧》をじっくり学ぶことができ、良かったです。やさしい曲でも二重奏や三重奏できれいなハーモニーが出せるような、グループならではの曲もやってみたいです。

【A・Kさん(二胡学習歴4年)】

◆感想:《喜送公糧》は大変難しい曲でしたが、レッスンに入る前に曲を6分割してスケジュールを組み立てて頂いたので、細かなところまで分かりやすく、練習にも取り組みやすかったです。また、教室内にも笑顔が増えたような気がして、それも嬉しかったです。港南台の発表会では、日ごろの練習の腕試しというだけでなく、皆さんとの交流を深める機会も与えてもらえたと思っています。