「featured」タグアーカイブ

二胡教室のご案内

神奈川県央のまち・海老名で二胡の教室・「弦歌二胡教室」を開講しています!入門の方から上級の方まで、横浜や厚木、伊勢原、或いは東京や千葉など関東他県から、熱意あふれる皆さんが受講しておられます。

レッスンは、東京、横浜からも、小田原方面からもアクセスのよい海老名駅近くで行っています。各コースの詳細は、下記コース名をクリックしてごらんください。

*個人レッスンはグループレッスン受講生のみを対象に受け付けます。受講生以外の方のお申込みは現在お受けしておりません。


基礎から、ていねいに

早く上手になるには、ただ漫然と多くの曲数をこなすよりも、姿勢の練習や耳の開発、各種練習曲等に効果的に取り組むことが大切です。回り道をせずに美しい音色を出せるよう、効果的な練習方法を、具体的に提案しながら指導させていただきます。

目指すのは、“全員芸術家”

曲に取り組むとき、当教室ではたくさん歌って頂くことを求めます。何度も歌うことで、リズムや呼吸も自然とうまく取れるようになり、手が自発的に音楽性を持つようになります。自分の音楽性を表現することこそ二胡を学ぶ最高の楽しみです。たとえ初心の方でも、技巧的な成果に留まらず、芸術としての二胡を楽しんで頂きたいと思っています。

初心者の方も、上級者の方も

教室はレベルや経験によってクラス分けされています。各クラス必ず毎回、レベルに応じた基礎訓練からスタートし、技術を磨いていきます。未経験の方には、安心してスタートして頂けるよう、グループ合流前に複数回個人レッスンを設け、楽器の出し方しまい方からていねいにお教えします。

中国の文化を伝えます

中国曲の演奏には、その曲の生まれた地方の文化、言語、社会や歴史背景への理解が欠かせません。講師の私は日本人ですが、約6年半の中国滞在中、通訳業や、奥地に住む農村の方々と関わる仕事に就いたこともあり、中国人の精神世界を一定程度理解しているつもりです。各地方独特の社会背景や音楽的感性などを日本語で分かりやすくお伝えできるのも、当教室の一つの強みです。

また、私にはありがたいことに中国音楽学院を卒業して大陸や台湾でプロとして活躍する奏者仲間が数多くいます。教室ではこうした仲間から時折意見をもらい、指導に反映させるようにしています。中国の恩師や仲間たちから学びとった成果を、どんどん皆さんに還元していきたいと思います。